ponsanpo⚫︎

すきなことをすきなだけ。

一眼レフを買ってもうすぐ10年。結局一眼レフってどうなの?

f:id:ponsanpo:20170711181208j:plain

初めて一眼レフを買ってからもうすぐ10年。
買おうかなぁ、どうしようかなぁ、と思っている人、多いですよね。
買ってよかったこと、そうでもないこと、正直に伝えます!

一眼レフで撮ればキレイな写真なの?

これ、よく言われます。
一眼だからやっぱ綺麗だね~!とか
一眼なのにあんまり綺麗じゃないね。とか。(下手でごめん
一眼レフで撮影=綺麗な写真 ってのはやっぱりちょっと違う。
「綺麗」に見えるのは、色の数が多いからです。色が載ってる網の目が細かいんです。
それが画素数。1200万画素!とか。
この数字が高ければ高いほど、メッシュが細かい。色彩が豊かなんですね。
ちなみにミラーレス一眼レフというのは全く別物です!
だから一眼で撮るとなんとなく「いい感じ」の写真に見えるのは事実です。

デジタル一眼レフを買った頃

もちろんコンパクトデジカメは持っていました。
なぜ、一眼を買ったのか。
もっとキレイな写真を撮れると思ったから。です。
初めて買ったのはPENTAXのk-mという機種。なんか丸っこくて可愛かったから。
キャノン、ニコンにしなかったのはひねくれていたからです。ちょっとそれてるのがカッコイイとか思うでしょ。笑
カメラの教科書という本も買い、勉強しました。
とにかく楽しかった。無駄に撮影しまくり。部屋の中の小物とかめっちゃ一生懸命撮ったりw

キャノンに乗り換える

その後もハマってハマって、そうすると交換レンズが欲しくなります。
交換レンズを買う。つまり、そのメーカーに縛られる という事です。
僕はものを買うときいつも、数年後のことまで考えてしまいます。
意外とカメラにハマった自分。もし今後も使っていくなら、レンズが豊富なキャノン、ニコンのがいいんじゃないか?そう思いました。実際、プロはこのどっちかですよね。
ってことでキャノンに乗り換え!
ニコンじゃなかったのは単純に「見た目」。w
でもニコンのシャッター音は最高です。これは本当にニコンがよかったなぁ。。

乗り換えてわかったこと

そもそも全然色が違います。すごーーく簡単に伝えると
キャノン、ニコン.:自然に近い色。
ペンタックスオリンパス:色濃い。個性派

プロがキャノン、ニコンを使う理由はよく分かりました。
でも個人的にペンタックスは好きだった。(いつのまにかリコーに買収…!)
とにかく青がキレイだった。

レンズを楽しみたい人は絶対キャノンかニコン

理由は簡単。レンズの種類が豊富だからです。
使ってる人が多いというのは、それだけ中古も多い。
安く買える可能性も広がります。
ただ、中古レンズは最初は買わないほうがいいですよ!

キャノンに乗り換えてから

その時のキャノンを今でも使っています。キャノン50Dです。もう8年目。。
レンズは合計5本になりました。
例えば同じコンデジを8年使ってる人はなかなか少ないんじゃないかと思います。
8年って相当デジタル進化します。8年前の携帯の写真なんてザラザラですよ。

それでも変わらず「いい感じ」の写真が撮れているのは、一眼レフだから。
大切に使えばいつまでも使える、そういうカメラなんです。

今でもフィルム一眼レフを使ってる方っていますよね。(僕も使いたい
そんな何十年も前のカメラ!の写真も「いい感じ」に見えるのはやはり一眼レフだから。

財産のような一眼レフ。でも難点もある

当たり前のことを書きます。

重い。

デメリットはこれぐらいです。でもかなり重要なポイント。。
ちなみにコンデジも持っています。CASIOのやつです。あとはiphone
大体、一眼レフを持って出かけます。
遊園地など、ちょっと邪魔だなと思うときコンデジを使っていましたが、最近はiphoneカメラがすご過ぎるので出番がなくなってきました。。
というかiphoneカメラがすごいので、ラクすることもしばしば。
でも、一眼レフで撮った写真を見ると、
あーやっぱ持っていこ。ってなるんです。

まずは使ってみて欲しい

重い。でかい。高い。そんな一眼レフですが、
次に買うとしても、確実に一眼レフですね。
重い。これさえ乗り越えられたら、離れられないです。
でもこれが嫌だという人もいっぱいいます。めっちゃ分かります。w
でも、
邪魔だから、という理由でカバンが嫌いだった僕でも持ち歩いている、
それはやっぱり少しでも「いい写真」が撮りたい。それだけです。

広告を非表示にする